2012年02月28日

英HSBC、イラン関連取引で刑事訴追の可能性もをなんと感じます?

いろいろです、今週は?
いまの注目はどのような!
英HSBC、イラン関連取引で刑事訴追の可能性もをなんと感じます? の事柄を調べヘッドラインも意地らしいってゆう感覚は?

☆★☆

英HSBC、イラン関連取引で刑事訴追の可能性も
ロイター 2月28日(火)9時3分配信

[27日 ロイター] 英銀行持ち株会社HSBCホールディングスPLC<HSBA.L>は27日、同社がイラン関連の取引などをめぐり、不正資金取引に関与した疑いで刑事・民事訴追される可能性があると表明した。

規制当局への申請書類で明らかにした。

同行をめぐっては、複数の米当局が不正資金取引との関連を調査している。同社は今回の申請書類で、イラン関連取引が調査の対象になっていることや、刑事訴追の可能性があることを初めて明らかにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000030-reut-bus_all

★☆★

今日の話は、満足って〜〜〜
この有様で、如何にかこうにか。
いじょう!


何時もは普通聞きなれない熟語がイロイロあるんです。凡例では、自己破産 和解 ブラックリスト等々が上げられます。大分任意整理を進めようとしていたり宮崎任意整理を熟考している人びと、さらに鹿児島任意整理を検討したり沖縄任意整理の方方等等目安になれば幸いです。あるいは、出資法利息 返済期間 裁判所等等も様々出てきます。都道府県任意整理等、或いは北海道任意整理など思慮する機会になります。そして、更正債権届出書 返済の仕方 信用情報等、いろいろあります。青森任意整理てあったり岩手任意整理した場合や、宮城任意整理などや秋田任意整理 も入れて、考えておくと分かりやすいかも知れません。さらに、債権届出 刑事罰 着手金等が上がっています。
最新情報
今日の新着
最新情報7
posted by sansan at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。